その男性と終わるどころか付き合う事になったのです生チャット話せるテレセ

D(キャバ嬢)「高級なバッグとか欲しがったらけっこういけませんか?わたしだって、何人かに同様の誕生日プレゼントお願いして1個だけ取っておいて売る用に分けちゃう」
筆者「そうなんですか?お客さんの気持ちはオークションに出すんですか?」
D(キャバクラで働く)「でもさ、誰も取っておきませんよね?床置きしてもそんなにいらないし、流行だって変わるんだから、コレクションにされるなんてバッグも幸せかなって…」
E(国立大に通う十代)受け入れがたいでしょうが、Dさん同様、私も売っちゃいますね」
C(銀座のサロンで受付をしている)「テレセアプリを使ってそこまでATMが見つかるんですね…私は今まで何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。テレセアプリ上でどのような男性と直で会いましたか?
C「「贈り物なんて男性とは関わっていないですね。どの相手もパッと見ちょっとないなって感じで、本当の「出会い系」でした。わたしの話なんですが、テレセアプリなんて使っていても恋人が欲しくて待ち合わせしたのに急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「テレセアプリにアクセスするのはどういう相手を探しているんですか?
C「何言ってるんだって言えば、医療関係者とか弁護士の方とか国立大学に在学中の高給取りか将来稼ぎそうな人がいいです。
E(国立大に通う)わたしはですね、今国立大で勉強中ですけど、テレセアプリにもまれにエリートがまざっています。ただし、おすすめする相手でもない。」
テレセアプリを見ると、オタクについてネガティブな印象のある女性はどことなく多数いるということです。
サブカルに抵抗がなくなってきているかに思われがちな日本でもまだ一般の人には感覚はないのではないでしょうか。
つい先日の記事において、「テレセアプリで良い感じだと思ったので、ヤッタと思っていたら犯罪者だった」という女性の経験談を紹介しましたが、その後この女性はなんと、その男性と終わるどころか付き合う事になったのです。
理由としては、「男性の目つきが鋭くて、怖さで何も考えられず一緒に行くことになった」と言いましたが、もっと詳しい話を聞くうちに、女性としても好奇心が出てきてついて行くことにした気持ちもあったのです。
その彼がどういった罪だったかというと、結構な長さのある刃物を使って刺した相手も親だったという話だったので、本当に危ない可能性がある男性だと内心考える事もあると思いますが、それほど変わったところもないようで、普段はそれこそ親切なぐらいでしたから、気を許せる相手だと思って、本格的な交際になっていったということです。
その後も上手くいけばいいのですが、たまに男性が怪しい行動を始めたりするので、何も言わないまま家を出て、その相手とは縁を切ったという事になったのです。
一緒の部屋にいるだけなのに威圧されているように感じ、同居しながら生活していたのに、自分勝手だと思われてもいいので出て行ったという話なのですがテレセ 通話どうも何も無いがただ怖かったという部分も確かにあったようですが、ちょっとした言い合いにでもなると、手を出す方が早かったり、凄い暴行をするような挙動をわざわざ見せるから、結果的にお金もすぐに渡すようになり、色々な頼みを断らずにして、そのままの状況で生活していたのです。

関連記事はこちら