逆援助出会い評判女達もそんな己を「売り物」としてみなすように変化してしまうのです

筆者「ひょっとして、芸能界で下積みをしている人ってサクラを収入としている人が少なくないのでしょうか?」
E(とある有名人)「きっとそうですね。サクラで生活費を得るのって、シフト他に比べて自由だし、俺みたいな、急に代役を頼まれるようなタイプの人種には適職と言えるんですよ。予測不可の空き時間にできるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(とあるアーティスト)「経験になるよね、女性のキャラクターとして接するのは大変でもあるけどこっちは男目線だから、自分がうれしい言葉を相手に話せばいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、相手もころっと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「本当は、女の子でサクラをやっている人はユーザーの心理がわかってないからはっきり言って下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男がサクラをやる方が成績が上なのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「まぁ、そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。しかし、僕なんかは女の役を作るのが苦手なんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人の一人)「言わずとしれて、ほら吹きが成功する世ですからね…。女の子になりきるのが大変で…僕たちも苦労してます」
筆者「女性の人格を演技するのも、思った以上に苦労するんですね…」
女性ユーザーのどう演じるかの話が止まらない彼女ら。
そんな会話の中で安全 安心 逆援助 あるコメントをきっかけに、自称アーティストのCさんに向けて注意が集まったのです。
逆援助サイトをはじめとする出会いのためのコンテンツを使う人達に問いかけてみると、大方全員が、孤独になりたくないから、短い間でも関係が築ければ、それでいいという捉え方で逆援助サイトを使っています。
要するに、キャバクラに行く料金をかけたくなくて、風俗にかけるお金もかけたくないから、お金が必要ない逆援助サイトで、「乗ってきた」女の子で安価に間に合わせよう、と捉える中年男性が逆援助サイトという道を選択しているのです。
男性がそう考える中、女の子側は少し別のスタンスを潜めています。
「相手が年上すぎてもいいから、お金持ちで料理ができる人を彼氏にしたい。逆援助サイトをやっている男性は9割がたモテない人だから、中の下程度の女性でも手玉に取ることができるようになるわよ!思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、キモメンは無理だけど、顔次第ではデートしたいな。このように考える女性ばかりです。
平たく言えば、女性は男性の容姿の美しさか経済力がターゲットですし、男性は「お得な女性」を狙って逆援助サイトを役立てているのです。
両方とも、安くお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
そうやって、逆援助サイトを用いていくほどに、男性は女を「もの」として見るようになり、女達もそんな己を「売り物」としてみなすように変化してしまうのです。
逆援助サイトにはまった人の思考というのは、女性をじんわりと心のない「物体」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。

関連記事はこちら