メール交換をやめたい時

 女性の場合、男性からのアプローチメールはすぐにもやってきます。その中から気に入った人を見つけてメールのやりとりが始まります。
 メールの交換は出会う前に相手の男性の事を良く知る機会なので、知りたいと思うことは何でも聞きましょう。
 何でもかんでも根掘り葉掘り聞くというのもアレですが、こうした事に的確に返事を返してくれない場合はメールのやりとりを止めることも視野に入れましょう。
 また、メールのやりとりの末、この人とはもうやりとりをしたくないと思う場合も少なく無いでしょう。こうした場合はお互いに時間を浪費してしまうことになるのでやりとりを止めた方がよいでしょう。
 とはいえ、相手も人間ですからいきなりメールをやめてしまうのは良くありません。一応それなりの内容のメールを送る必要があるでしょう。
 例えば、他の人と出会って意気投合した、メールのやりとりの中で自分の好みとは違うように感じたといった内容のお断りメールを出しましょう。
 お断りメールの内容についてしつこく尋ねてくるようなメールが届く可能性もありますが、そうしたメールには一切対応する必要はありません。
 お互い大人である事が前提なので、大人の対応を理解できない幼稚な男性の相手にいつまでも時間を取られる必要はりません。