仕事の合間をぬってコッソリチェック

出会い系サイトを利用していて最近、初めて知ったんですが、サイトには携帯電話向けサイトと、パソコン向けサイトがあるという事を知ったんです。しかもそれぞれに利用者にも傾向があるようで、若い人たちは携帯からアクセスするサイトを好み、40代からはパソコンからのサイトを頻繁に利用する傾向があるようです。
そしてそれは、利用する目的が大いに関係しているようです。20代などの若者は、メル友や交際相手を探すので、出会い系サイトを利用しているところを誰に知られても全く問題ないですし、どこからでもアクセス出来るような便利さがあるというのが、最も大きな決め手になるようです。
その一方で、40代以上の利用者は、結婚しているにも関わらずメル友や恋人が欲しいと思っている動機の人が多いので、バレやすい携帯からのサイトは敬遠する傾向にあるようです。そして社会的立場がある人なら尚更、個人のパソコンで誰からも気付かれることなく、サイトの楽しみたいと考えている人が多いようですね。
そして、意外にもアダルトサイトや、写真がたくさん貼ってあるサイトなどを利用する年代は40代から50代の男性がもっとも多いそうです。逆に20代などの若い男性は「会って自分の目で確かめたい」という傾向が強いようで、アダルト要素はあまり好まない人が多いようですね。
サイトの時間帯も利用する年代によって特徴があります。若い世代は夜から深夜にかけてが最も利用率が高く、男女とも限らず午前中はほとんどサイトへアクセスすることはないそうです。
でも40代は意外に昼間のアクセスが多いそうです。これは仕事の合間をぬってコッソリチェックしているということでしょうね。

関連記事はこちら