せふれいみ

先日聴き取りしたのは、まさしく、以前よりサクラのアルバイトをしている五人の男女!
顔を揃えたのは、メンズクラブで働くAさん、この春から大学進学したBさん、売れっ子クリエイターのCさん、某芸能プロダクションに所属しているはずのDさんせふれ 距離感芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「最初に、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんからお話しくださいますか」
A(メンキャバ就労者)「俺様は、女性の気持ちが理解できると考え気がついたら辞めていました」
B(大学2回生)「小生は、稼がないと意味がないと思って辞めましたね」
C(クリエイター)「自分は、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんでいっこうに稼げないんですよ。ビッグネームになる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのは不本意ですが、地味なバイトをやって、しばらくはアンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「小生は、○○って芸能事務所に所属して芸術家を夢に見てがんばってはいるんですが、一回のリサイタルで500円だけしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(若手ピン芸人)「実際は、わしもDさんと似たような感じで、1回のコントで僅か数百円の貧しい生活してるんです。先輩が教えてくださって、ゲリラマーケティングの仕事を始めることにしました」
あろうことか、五人中三人ものメンバーがタレントプロダクションに所属しているという贅沢なメンバーでした…、なのに話を聞き取っていくとどうやら、彼らにはサクラによくある苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事はこちら