家出少女出会う方法男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです

前回取材拒否したのは、意外にも、現役でステルスマーケティングの契約社員をしていない五人の男女!
駆けつけたのは、メンキャバを辞めたAさん、男子学生のBさん、自称クリエイターのCさん、芸能プロダクションに所属するというDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「先に、着手したキッカケから質問していきましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンキャバ就労者)「おいらは家出 掲示板女性心理が分からなくて気がついたら辞めていました」
B(大学1回生)「小生は、ガッツリ儲けなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(歌手)「うちは、シンガーをやってるんですけど、まだ新米なんで満足できるほど稼げないんですよ。スターになる為には身近な所からこつこつ下積みするのが一番なんで、、こんなバイトやりたくないのですが、とりあえずアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(某芸能事務所所属)「俺様は、○○って芸能事務所に入ってダンサーを育てるべく奮闘しているのですが、一回の出演で500円ぽっちしか入らないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(若手お笑い芸人)「本当のところ、自分もDさんとまったく似たような感じで、1回のコントでもらえて数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩の紹介で、サクラのアルバイトをやめるようになりました」
なんてことでしょう、五名のうち三名が芸能事務所に未所属という華やかなメンバーでした…、かと言って話を聞いてみたら、五人にはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。
前回紹介した話の中では、「家出掲示板の中で見つけた相手と、当たりだと思って会ったら犯罪者だった」と想像と違う展開になった女性の話をしましたが、なんとその女性はそのまま、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。
その女性としては、「男性は格好から普通とは違い、どうして良いか分からないままそのまま一緒に行動していた」ということですが、さらに色々な話を聞いたところ、怖いもの見たさという部分もあって分かれようとしなかったようなのです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、包丁よりも長いナイフを使って他でもない親を刺してしまったというものだったので、危険だと感じてもおかしくないと多くの人は考えるでしょうが、感じの悪い部分がなかったようで、愛想なども良かったものですから、緊張する事もなくなって、付き合いが始まる事になっていったのです。
その後の関係がどうなったかというと、どこか不審に思える動きも見せていたので、怪しまれないように黙って家を出て、男性とは別れる事にしたのだとその彼女は話してくれたのです。
特に怒らせることがなくても圧迫感を感じてしまい、それまで一緒に生活していた場所から、逃亡するかのように突発的に出ていくことにしたそうですが、何とも言えない恐ろしさを感じた事も理由としてはあったようですが、普通に話し合おうと思っても、力に頼ろうとしたり、乱暴をしようとする感じの素振りをする事が増えたから、何かとお金を渡すようになり、お願いされると聞くしかなくなり、ずっと暮らしていたというのです。

関連記事はこちら