その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました京都スワッピング伝言板

先月質問できたのは、まさに、以前からステマの契約社員をしていない五人のおじさん!
出揃ったのは、メンズキャバクラで働いていたAさん、現役大学生のBさん、売れっ子クリエイターのCさん、某タレントプロダクションに所属してるというDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「では、やり出すキッカケから尋ねてみましょう。Aさんからお話しください」
A(元メンキャバキャスト)「わしは、女性の気持ちが分からなくて気がついたら始めていました」
B(1浪した大学生)「私は、ガッツリ儲けなくてもいいと考えて始めましたね」
C(芸術家)「ボクは、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ始めたばかりなんで全く稼げないんですよ。実力をつける為にはささやかな所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こういうバイトでもやりながら、ひとまずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(音楽プロダクション所属)「自分は、○○って芸能事務所に入ってパフォーマーを夢に見てがんばってはいるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやっています」
E(若手コント芸人)「実のところ、自分もDさんと同じような状況で、1回のコントでもらえて数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩が紹介してくださって、サクラのアルバイトを始めることにしました」
たまげたことに、メンバー五人のうち三人がタレント事務所に未所属という至って普通のメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみたところ、五人にはステマ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。
ライター「もしかして、芸能に関係する中で下積み時代を送っている人ってサクラでの収入に頼っている人が沢山いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「きっとそうですね。サクラでお金を手に入れるって、シフト他ではみない自由さだし、俺らのような、急にステージの予定が入ったりするような職に就いている人種には求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるしめったにできない経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「ありがたい経験になるよねすわっぴんぐ掲示板女のキャラクター作るのはなかなか大変だけど我々は男性だから、自分の立場からかけられたい言葉を向こうに話せばいいわけだし、男性の気持ちがわかるわけだから、相手もたやすく飛びつくというものなのですよね」
A(メンキャバ働き)「逆に言えるが、女でサクラをやっている人は男の心理がわかってないから本当は下手っすよね」
著者「女のサクラより、男性がサクラをやる方が優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「はい、そうですね。優れた結果を残しているのは大体男性です。とはいえ、僕は女性のキャラクターを作るのが下手くそなんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(芸人事務所の一員)「基本、正直者がバカをみる世ですからね…。女になりきるのが大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女キャラクターを演技するのも、かなり大変なんですね…」
女のキャラクターの作り方に関しての話が止まらない彼女ら。
その話の中で、ある発言を皮切りに、アーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。
この前こちらに掲載した記事で、「スワッピング掲示板で仲良くなり、直接会うことにしたら犯罪者だった」という体験をされた女性の話をしましたが、実はその女性は驚くことに、その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました。
その時の状況が、「男性が怪しそうで、恐ろしさから断れず他に何も出来なかった」と話していましたが、さらに色々な話を聞いたところ、彼女も魅力を感じる部分がありそこで終わりにしなかったようでした。
彼の犯罪の内容というのも、普通は持っていないような大きめの刃物で自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、危険に思うのもおかしな事ではないと思う気持ちが強くなるかも知れませんが、話してみると普通の人と変わらず、普段はそれこそ親切なぐらいでしたから、悪い人とは思わなくなり、交際しても良いだろうと思ったようです。
その男性と付き合いが続いたかというと、時折その相手が怪しげな動きをしていたので、分からないようにそっと家を出て、男性とは別の道を進む事にしたとその女性は語ってました。
何か特別な言動がなくても圧迫感を感じてしまい、一緒に同棲していた家から、本当に逃げるような状態で荷物も簡単なものだけで出てきたとの話ですが、どうも何も無いがただ怖かったといった事が理由の全てではなく、お互いに言い争う事になると、手を出す方が早かったり、暴力だって平気だというような態度をとる事があったから、次第に必要ならお金まで渡し、お願いされると聞くしかなくなり、その男性との生活は続いていたのです。

関連記事はこちら